ライン


 

●目を覚ましたアメリカの巨人
 Cadillacの衝撃

 2000年、スポーツカーレースに43年ぶりでGMが帰ってきた。シボレーやオールズモビルではなく、G
Mはアメリカ最強のブランドであるキャデラックでスポーツカーレースに挑戦する。
 ところが、GMのモータースポーツに対する考えが、日本やヨーロッパのマニファクチュラーとはどう
やら根本的に違っていた。
 我々はGMが新しい風をスポーツカーレースに吹き込んでくれることを期待した。
 キャデラックLMPプロジェクトの総てと、GMレーシングのハーバート・A・フィッシェルがモーター
スポーツを守ろうと奔走する姿をストーリーとして紹介しています。

●NASCARは理想のスポーツカーレースか?
 我々はNASCARの凄さは知っていても、あまりに壮大過ぎるため、これまで敢えてNASCARを
取り扱うことを避けてきた。
 しかし、2000年にドイツで復活したDTMはNASCARを研究し尽くした上で構想されたものである
し、日本のJGTCもNASCARから様々なことを学んでいる。
 ところが、これまで日本のメディアは、NASCARを正確に紹介したとは思えなかった。
 パイプフレームのマシンとさえ評しているのだ。NASCARには立派なフロアパンが存在するから、
決してパイプフレームのマシンではない。
 これでは、我々はとんでもない間違いをしたまま、21世紀を迎えることとなってしまう。
 NASCARチームのほとんどが拠点を置くシャーロットに乗り込んで、NASCARの起源から探る
一方、我々は「NASCARが競輪である」という結論を得た。
 誰もが思ってもいなかった、アッと驚くNASCARの正体を紹介いたします。





●Dome Magic
 郷和道と童夢が造った秘密兵器の正体

 現在、世界中のスポーツカー関係者が最も注目しているコンストラクターは日本の童夢だ。
 この物語は、郷和道が、自身で1999年のルマンに走らせたBMW V12LMを童夢に預けたところから
始まる。
 世界中のスポーツカーチームとコレクターの誰もが欲しがるBMWのワークスカーを、郷和道は童夢に
預けて、可能性を求めた。
 童夢では、その1年前からスポーツカーレースに復帰するための調査が行われていたが、具体的な行動
を起こすきっかけがなかった。
 郷和道も7年間もスポーツカーレースを離れていた童夢が、最初からその実力を発揮出来るとは考えて
いなかった。童夢が作り直したV12LMは4月に完成し、フジスピードウェイに持ち込まれてテストが行
われた。
  童夢は、ウイリアムズGPが造ったV12LMの空力性能を15%以上も改善して、トヨタGT Oneよ
りも速い最高速度を獲得してしまった。
 この秘密兵器誕生のストーリーです。
 

●再編成された2000年のスポーツカーレース

 1998年のルマンで、ドン・パノスは「ヨーロッパ、アジア、アメリカの3つの地域でルマンシリーズを
開催する」と発表した。このルマンシリーズはFIAの妨害にあったり、アメリカ内ではUSRRCと縄
張り争いをしたりと、散々なスタートをきなければならなかった。しかし、2000年に、ヨーロッパでも2
つのレースを行うことが決定し、オーストラリアのアデレードで12月31日に行われる、“ミレニアム記念
レース”と合わせると、“アメリカンルマンシリーズ”は実質的な世界選手権に成長した。
 ところが、アメリカでのライバル関係であったUSRRCはデイトナを中心としてGrandーAmシ
リーズを発足させ、もう一つのアメリカのスポーツカーシリーズとして成立した。
 ヨーロッパでは、FIA GTがプライベートチームだけのイベントに凋落する一方、ジョン・マンゴ
レッティのSRWCは、アメリカンルマンシリーズの対抗馬と目されるほどに成長した。
 複雑ながらも、再編成が実現したスポーツカーレースの世界を紹介します。
 



転機を迎えたJGTC

NSXとスープラを遅くするために造られた2000年のレギュレーション

 2000年のJGTCでは、興味深いレギュレーション改訂が行われた。この変更には、
驚くべき理由があった。
 1999年のシリーズで、速さを見せ付けたのは、NSXとスープラGTである。この2つ
マシンを遅くすることで、激しいトップ争いを実現しようとJGTCとJAFは考えていた。
 そして、NSXとスープラGTのアドバンテージを探り出して、そのアドバンテージを無く
すことを新しいレギュレーションに盛り込んだ。
 乱暴なようだが、そうでもしない限り、NSXとスープラGTだけがトップ争いするシリーズ
となる危険もあったのだ。
 どのようにして、NSXとスープラGTを遅くしたのだろうか?
 そして、このレギュレーション改訂に直面した童夢とTRDは、どうような開発を行って、対抗
しようとしているのだろうか?

 

JGTCでDTMレギュレーションを採用?

 繁栄を謳歌してるか?に思えるJGTCがとんでもない状況にあるらしい。
 人気のGT500カテゴリーは、2台のマクラーレンとJLOCのディアブロ以外、メーカーが
関与しないマシンは居なくなってしまった。しかも、そのメーカーのマシンも、ベースとなる
マシンがほとんど生産中止状態となりそうなのだ。
 もし、生産や販売が中止されてしまったら、GT500用のレースカーも無くなって
しまう、という大変な危機なのである。
 今すぐにではないのかもしれないが、この危機に直面した時のため、JGTCでは、ドイツの
DTMレギュレーションを導入する話し合いが行われている。既にマシンが存在しているため、
プライべートチームが走らせるマシンが最初から確保出来ることと、FRレイアウトを基本とし
ているため、FFが多くなって、ベース車種に悩んでいるメーカーにとっても都合が良いのだ。

果たして、DTM、もしくは、DTMと似たレギュレーションが、JGTCで採用されることが
あるのだろうか?

 

コルベットT1

 やっとポルシェ以外にも、JGTCで活躍出来そうなGTレースカーが現れるかもしれない。
 GMは、シボレーコルベットのスポーツモデルを幾つか発表しているが、ポルシェのRSRや
GT3Rに相当する、GTレース用のベースモデルとして“T1”を1999年に登場させた。
 コルベットT1は、コンバーチブルをベースとしてハードトップを被せたボディを持ち、アメリカ
のGTレースシリーズの一つであるスピードビジョンカップ用として造られた。
 完全にレースを意識したフレームと、ACDelcoシリーズ用のストックカーと同じ450馬力の
LS1エンジンを持っている。
 しかし、T1はたった28台だけ、それもそのほとんどはローリングシャシーでデリバリーされた。
そのため、現在では新車を手に入れることは非常に難しい。しかし、現在でも全米の各ディーラーを
通じて、フレームやロールケージを手に入れることが可能だ。
 元々、最新型のC5コルベットは、日本で販売されている豪華仕様でも350馬力エンジン付きで
約650万円しかしない。これと同じパフォーマンスをポルシェに求めようとしたら、1,000万円以上
を支払わなければならない。
 この図式は、コンペティションモデルであっても同じことで、完全に日本のGT300仕様のコルベット
T1を造ったとしても、ポルシェ996GT3Rの約半分のコストしか必要とはしない。
 しかも、最近、T1の精神そのままに、380馬力まで強化したLS1エンジンを搭載して、軽量化を施し
たコルベットZ06が登場した。
 もし、コルベット“T1”(実際にはZ06か?)が登場した場合と、実際に進行中のプロジェクトを紹
介しています。


Sports-Car Racing Vol.7のコード番号:ISBN4-925254-00-6

価格:2,000円


購入方法
Shopより購入することが出来ます。

ライン

メール アイコン
Mail

Top